妊娠中や産後の妊娠線を消す方法や原因!どんな肉割れクリームでケア

投稿日:

妊娠して肉割れ(妊娠線)ができた女性と医者

妊娠をした多くの女性の悩みの種となるのが肉割れです。
妊娠中期ごろから産後にかけて発症をすることが多く、別名で妊娠線と呼びます。

この妊娠線は人にもよるのですが、お腹にくっきりと赤い線が数本できてしまい、だんだんと白い線に色も変化をしていきます。

白い線になることで目立たなくはなってくるものの、くっきりと肉割れができてしまう人は多く、遠目で目立ってしまいます。
いくら結婚をしたとは言え、いつまでも綺麗でいたいものですし、海に子供と出かけることもできなくなってしまいます。

ここでは産後に妊娠線を消す方法について詳しく解説をしていきます。
即効性のある方法は現在の医療ではありません。

そのため、数か月をかけてきちんとケアをして、だんだんと薄く消していくことが大切です。

産後の妊娠線ができる原因!肉割れの原因は皮膚の断裂

産後の肉割れについて患者に解説する医者

そもそも妊娠中期から産後にかけて肉割れができる原因は皮膚が断裂をしているからです。

妊娠をすると赤ちゃんも大きくなり段々とお腹も大きくなってきます。しかし、赤ちゃんは急激に成長するものの、皮膚は大きくなるスピードについていくことができません。
そのため、張った状態となり角質層の奥にある真皮や表皮が切れてしまうのが原因で引き起ります。

この皮膚が切れた断面が最初は炎症をしているので、赤い色をしており、おさまると肉眼では切れ目が白色に見えるようになってきます。

特に妊婦は妊娠中は女性ホルモンの乱れや運動不足やストレスなどによって、肌が乾燥をしやすくなります。
そのため、弾力が失われてしまい肉割れができやすい原因が重なってしまい、症状がひどくなりがちです。

妊娠線はそもそも治らない!だから薄く目立たなくして消す

実はお腹の肉割れである妊娠線は治ることはありません。
その理由としては新たに作られることのない皮膚の細胞である真皮が切れてしまっているからです。

しかし、あなたのお母さんのお腹を思い出して欲しいのですが、白い線がくっきろとあったでしょうか?
この妊娠線は治ることはないものの、だんだんと消えたように薄くはなってくるのですね。

妊娠線ができたばかりは皮膚もガタガタとなっており、非常に目立ちやすい状態となっています。
長い時間がたてばたとえケアをしていなくても、だんだんと薄くはなってきます。

しかし、多くの人はそんな年寄りになるまで待てないと考えるのは当たり前のことです。
そのため、多くの人が産後に出産をしてから妊娠線を消すケアを始めることが多いです。

お腹の肉割れである妊娠線は皮膚の断裂が原因となります。完全に治ることはありませんが薄くはなってくるのですね。
しかし、長い時間がかかるので産後に多くの女性は肉割れを消すケアをしていきます。

産後の妊娠線を消す方法!お腹の肉割れを消すケア

レーザーで肉割れを消す治療を受けている女性

産後にできたお腹の肉割れである妊娠線を消すのであればクリームか皮膚科でのレーザーになります。
しかし、出産をしたばかりは子供の養育費の貯金だけでなく、様々な部分で出費が重なってきます。

そのため、多くの人が数十万円するような高額な治療費のかかるレーザーではなく、自宅でクリームを使ってケアをしていきます。

妊娠線クリームや肉割れクリームなどの名称で販売がされています。
高額な治療費が払えない人はクリームを使って自宅でケアをしていくようにしましょう。

クリームにも2種類ある!妊娠線クリームとアフターケア

妊娠線クリームと言ってもどれでもいい訳ではなく、2種類のが販売されています。
たまごクラブのようなママ雑誌を見たことがある人は見かけたことがあると思いますが、多くの人が妊娠をするとクリームでケアをしはじめます。

しかし、何もケアをしていなかったり、していても肉割れができてしまうことがあります。

そんな人が利用しているのがアフターケアクリームです。

妊娠線クリームであれば薬局やドラッグストアで販売されているボディクリームを代用していた人もたくさんいるかと思います。
しかし、アフターケアクリームは店頭ではほとんど販売がされておらず、通販限定ものが多く種類も少ないです。

そのまま妊娠線クリームを使っても保湿成分なども含まれているので、全く効果がない訳ではありません。
しかし、妊娠線を消したいのであれば、きちんとアフターケアの物を利用するのがおすすめとんらいます。

まとめ

妊娠してできる肉割れを妊娠線と呼びます。
この肉割れは皮膚が断裂をすることによって、その切れ目が赤い線や白い線となって肉眼で見えてきます。

一度切れてしまった真皮は完全に治ることはありません。
しかし、肌をきちんと整えることでだんだんと消えたように薄くはなってくるのですね。

妊娠線を消すクリームとして利用がされるのがアフターケア目的に作られたものです。

ボディクリームにも保湿成分は入ってはいるので、全く効果がないなんてことはありませんが、きちんとアフターケア用の肉割れクリームを使うのがおすすめです。

-目的別の肉割れケア

Copyright© 肉割れクリームでお尻や太ももの20代のデブ線を消す【肉割れの秘伝書】 , 2019 All Rights Reserved.